中性脂肪の値を上昇させないための食事

中性脂肪を上げる要因として大きく関係しているのが食事です。

ここでは中性脂肪の値を上昇させないための食事について知りましょう。

青魚がいい

青魚にはたくさんDHAやEPAが含まれていますが、これらの成分は血管をしなやかにして血液の流れもスムーズにでき動脈硬化を予防します。またDHAもEPAも中性脂肪を減少させる作用を持ちます。また中性脂肪が減るとそれに伴い悪玉コレストロールも減らす事ができるので、青魚は積極的に摂りたい食品と言えます。

効率的に青魚を食べるには生で新鮮なうちがいいでしょう。中性脂肪を下げるDHAもEPAも共に熱や光に弱いので注意が必要です。

野菜類も重要

野菜の中で特に根菜類にたくさん含まれる食物繊維は腸内環境を調整する事は良く知られています。

体の中の有害成分を解毒したり排出する効果があるので、中性脂肪の増加を抑えてくれます。さらに中性脂肪が小腸から吸収される事を抑制できて、善玉コレストロールも増加させます。また野菜にはたくさんのビタミンやミネラルも含まれますが、これらは中性脂肪について減少作用があります。他にも得に注目したいのはトマトのリコピンです。

リコピンとはトマトの赤い色素の事ですが、高い抗酸化作用があるだけではなくて中性脂肪が増えるのを抑える事ができます。

唐辛子の効果

唐辛子の辛み成分にはカプサイシンがあります。この成分により脳にある内臓感覚神経を刺激する事によって興奮を起こすホルモンであるアドレナリンが出されます。この事で体内の中性脂肪がエネルギーになりやす脂肪酸に変化するとされています。

脂質と糖質が少なめの食事にする

せっかく中性脂肪を下げる食事をしても上げる食品を食べていてはもったいないです。中性脂肪を抑えるには値を下げる食事をしつつ、いかに糖質や脂質も抑える事ができるか、です。例を挙げたらマヨネーズやドレッシングは油脂分が多い商品が多いので気を付けます。ドレッシングを使うのならノンオイルの物を買うなど工夫しましょう。

姿勢を良くして水を飲むだけで若々しさは保てる

いつまでも若くいたいと思うのは、女性でも男性でも変わらないでしょう。でも、それは何をするにしても短時間では叶いません。「若さは(美は)1日にして成らず」です。

まず、身体は動かさなければ、筋肉はどんどん衰え、血液やリンパの流れが悪くなります。すると、身体は疲れやすくなり、栄養が全身に行きわたらず、同時に老廃物の排出もスムーズに行われなくなってしまいます。

これでは身体の中で老化が進み、いくらメイクや服装等外見を綺麗にしていても、肌や歩き方1つで実際の年齢よりも上に見られてしまいます。

その為、まず一番に心掛けたいのが「姿勢」です。
小学校で教えられた様に、背筋をまっすぐに伸ばしてみましょう。座ったままでも構いません。これだけで、結構腹筋と背筋を使う事がわかると思います。

姿勢を良くするだけで、筋肉が自然と鍛えられる、つまり人間の身体は正しい姿勢を保つだけで、最小限の筋トレが出来るようになっているのです。

この時気を付けたいのは、ただ真っ直ぐにするのではないという事です。背骨は曲線を描いている事はご存知ですね。ですから、必要以上に上へ向かって姿勢を正すより、両肩を後ろへ反らすようにしましょう。これだけで猫背が防げます。

次に気を付けたいのが女性のスキンケアです。
年齢が出やすい身体の部位は、顔以外は首と手の甲です。

肌の一番の敵は紫外線です。首や手にも紫外線を当てないように日頃から日焼け止めを塗ったり、手袋をしたりしましょう。
又、スキンケアをする時は、首や耳、デコルテまでしっかりケアします。最後に手にもスキンケア商品をしっかり塗ります。

又、水をよく飲むようにして体内の循環を良くすると共に、身体の内側から乾燥を防ぎましょう。モデルさん達は1日に2?程の真水を飲む人が多いです。水は人間の身体に一番良い飲み物です。

そして、日本の水は特に質が良いのです。これは飲まないという手はありません。現代はエアコンの影響で1年中肌も体内も乾いた状態です。水分補給と共に老廃物を排出して若々しさを保ちましょう。

美肌のために必要なビタミンと摂取方法

美肌のためにできること。皆さんは美肌のためにどんな努力をされているでしょうか。

今日は美肌になるためのお話をしていきます。

お肌に大敵な物質:活性酸素

まずお肌に悪い物質についてです。活性酸素を知っていますか。活性酸素はお肌に悪影響を与えてしまうんです。活性酸素は化学的にとても不安定な物質で、いろいろな物質と反応してしまいます。その物質のひとつが細胞です。

活性酸素がこの細胞に攻撃をすることによって細胞が傷ついたり、死滅してしまいます。細胞が傷つけられると、新たな細胞が生み出されず、お肌のターンオーバーがしっかりと機能しません。そのため活性酸素を除去することがお肌に対してとても有効なのです。

活性酸素はどうしたらいいの?

お肌に対して活性酸素ですが、どのようにしたら除去することができるのでしょうか。それはビタミンEを摂取することです。ビタミンEには抗酸化作用があり、不安定な物質である活性酸素を還元し、その不安定さを無くすことができます。

ビタミンEについて

ビタミンEは、活性酸素を除去する機能を持っていますが、活性酸素を除去した後はその機能を失ってしまいます。そこで、ビタミンEのほかにビタミンCを摂取するとよいです。ビタミンCは機能を失ってしまったビタミンEの力を復活させる力を持っています。つまり、ビタミンEとビタミンCを同時に摂取することで効果を倍増してくれるのです。

ビタミンの摂取について

ビタミンの摂取についてですが、ビタミンCは水溶性、ビタミンEは親油性の性質があります。そのため、摂取するときには注意が必要です。またビタミンCは熱にも弱く、長時間加熱してしまうと壊れてしまい、構造が変わってしまいます。そのため、ビタミンEを摂取するときは油を使うと体内に取り入れやすく、ビタミンCを摂取するときは熱を使う時間をできるだけ短くして、水でビタミンC洗い流してしまわないようにすることが大切になります。

毛穴の黒ずみは大きく4つのタイプ!対策法

気になる肌トラブルの1つに、毛穴の黒ずみがあります。

特に顔の毛穴の黒ずみは、人目に付きやすい部分なので、できるだけ早くケアしたいですね。ファンデーションなどメイクで誤魔化し続けていると、さらに黒ずみが悪化することもあるので注意が必要です。毛穴の黒ずみは、大きく4つのタイプに分けることができます。

1つ目は、ザラザラ毛穴タイプです。毛穴の黒ずみを触ってみて、デコボコとした出っ張りを感じる場合は、このタイプにあたります。ザラザラ毛穴タイプは、毛穴に角栓や角質が詰まっていることが原因になります。角栓や角質は、毛穴にメイクなどの汚れがつまり、皮脂が加わって酸化することでできます。ですので、毛穴の汚れを取り出すのが、主なケア方法になってきます。

肌を柔らかくするため保湿ケアをし、角栓などを取りやすくしてみましょう。ピーリングも有効ですが、やりすぎは肌を痛める可能性もあるので注意が必要です。

2つ目は、色素沈着タイプです。黒ずみが気になる部分をチェックして、毛穴そのものが黒い場合は、色素沈着タイプになります。これは紫外線などの影響で生成されたメラニン色素が、肌に定着することで起きてしまいます。メラニン色素の沈着を改善するには、美白ケアが有効になってきます。ビタミンC誘導体など、美白成分の配合されて化粧水やパックをするのがおすすめです。

しっかりと紫外線対策をすることで、毛穴が黒くなるのを防ぐことができます。黒ずみを見て、毛穴が大きく開いている人は、毛穴開きタイプになります。これは肌が乾燥することで引き起こしやすくなります。肌に水分を補い、プルプルと潤してあげることで開きを目立たなくすることができます。

肌を引き締める効果のある収れん化粧水の利用もおすすめです。毛穴開きタイプの中でも、開いた毛穴が涙状に見えるものは、たるみ毛穴タイプになります。これは肌が重力に負けて下に垂れ下がることで原因です。セラミドやコラーゲンなどを意識して摂取し、アンチエイジングケアを心がけることで、たるみを改善させることができます。

手の甲についてもアンチエイジングを考えるなら日焼け対策を

アンチエイジングを考える時、顔や首などにフォーカスしがちですが、手の甲も重要なポイントです。

手の甲のアンチエイジングケアは見逃しがちですが、顔と同じくらい人目にさらされる部位です。手の甲の状態が、その年齢で期待される状態とかけ離れていると、見た人に強い印象を残します。

他の部位と同様に、手の甲についてもアンチエイジングを考えるなら日焼け対策が欠かせません。手は一番まめに洗う部位でもあるので、せっかく日焼け止めクリームを塗ったとしてもすぐに洗い落としてしまうことになりがちです。

そのため、案外日焼け対策が難しかったりします。手を洗う都度、手の甲に日焼け止めクリームを塗るマメな人は意外と多くありません。また、ベランダで洗濯物を干したり取り入れたりするときや、ちょっとゴミを出しに行くなど、ほんの数分の作業だからとその都度、手の甲に日焼け止めを塗ったりしない人が多いと思いますが、短時間の日焼けを日々繰り返す方がダメージが大きくなります。

どうせすぐ洗うことになるからと、都度クリームを塗るのが面倒であれば、日焼け止めクリームほどの効果ではないとしても、手袋をすることで一定の効果を得ることが出来ます。毎日のことだからこそ、気を付けなければなりません。きれいな手というのは、思いのほか、人の心に強く印象を残すものです。アンチエイジングを考える時は、見逃すべきではありません。

日焼け対策の他にも、きれいなキメを保つため、寝る前はクリームを塗ります。指先までしっとりした感覚が長く残るものがおすすめです。日中は家事やお手洗いなどで手を水にさらす機会が多いため、ハンドクリームを使っても長く持たせることは困難です。

その分、夜の時間をハンドケアに使うのが良いでしょう。手の肌質や状態に合ったクリームを使うと翌朝、シットリ感が違います。クリームをさらに効果的に浸透させるために、クリームを塗ったら手袋をして寝ると効率よくハンドケアができます。手の甲は、顔や首と同じように顕著に年齢が現れるところです。二の次にすることなくケアを忘れないようにしたいものです。

ハリのあるお肌を取り戻す!シワのできにくいケア方法

見た目年齢ってどこを見られているのでしょうか。
やはり、顔や首のシワを見て、だいたいの年齢は予想できるらしいです。

そこで、少しでもハリのあるお肌を取り戻すために、シワのできにくいケア方法をお教えします、
顔のマッサージは特に1日に1度とだけに限らず、朝晩でケアしてあげましょう。

それが、何か月何年という単位で、マッサージをしている人としていない人では必ず、見た目年齢がかなり違ってきます。

まず、洗顔後、化粧水をつけた後はできるだけ美容液も補います。
冬場なら特に絶対にです。

その際意識するのは、シワがすでにできている部分や、
今後できそうな予備軍スポットに刷り込むように塗ることです。

例えば、目じり、目の下
ほうれい線、アゴ、口の周り・・などです。
ただなぞるだけではなく、小さな円を描きながら横にずらいしていく。
そして、リンパの流れをお間違えないように。心臓へ向かって流します。
首なら上から下です。

この時、鏡を見て昨日と比べて、
どこか劣っていないかのチェックも忘れません。
ただしm忙しい毎日、鏡をじーっと見ている暇のないかたもいらっしゃるかと思いますが
せめて朝晩のスキンチェック時は欠かさず行いましょうね。

マッサージをする指の圧は、自分ではちょっと軽いかな~というくらい。
あまり乱暴にリンパを刺激すると、細い血管が損傷してしまいます。
なので、緩やかに穏やかな気持ちでそっと撫でるかのようなマッサージが
お顔にはちょうどよいです。

あと、もう1つおすすめなのが頭皮マッサージです。頭と顔は皮膚1枚で繋がっていますよね。
なので、ヘッドケアを怠らない人は同時に美顔の効果も得られます。

まず、頭頂部を片手の指全部を当てます。
そして、指の腹で上へ持ち上げる。

そうすると、顔の皮膚が少しリフトアップされるかと思います。
その動きを加えてあげるだげで良いそう。これはやっているととても気持ちが良いです。

朝晩、お顔と頭をマッサージして血流をよくしてあげましょう。